語り継がれるほど人気の韓国カラコンなんて存在するのか

長期間にわたる人気といえば韓国カラコンなら何?

何を持って、どのくらいの期間をもってロングセラーという言葉を発するのかは分かりませんが、韓国カラコンには候補と私が呼べるものがいくつかあります。

変わらない韓国カラコンと変化を加えること

韓国カラコンのロデオの中でナチュラル系といえばタルトですね。タルトミニならレンズも小さいし自然に馴染む感じかな。

 

ロデオといえば盛るイメージがありますが、ナチュラル系もちゃんとありますよ♪

ですね。

度ありもあるし、価格も激安。
特にタルトミニなんて14.0mmなんで、すっぴんでも大丈夫かな。
こちらはタルトの装着画像だけど、甘い感じがするな。
タルトもタルトミニもGLAMで買えるよ♪
どっちも1年使用だから、財布に優しいね♪

 

最初にロデオカラコンを知ったときの印象というのは、デカ目、盛れるといった感じですが、タルトやタルトミニを見て、ちょっと印象が変わりました。ロデオピンキーデビルは確かに盛れるカラコンですが、さすが長年人気シリーズとして存在するだけあって、それぞれのシリーズが特徴があるなって思います。
特にロデオミニというのは、14.0mmしかありませんし、1年使用ということで、日常使いにもってこいかなと思うわけです。
1年使えるメリットというのは費用面を語られることも多いですが、気をつけないといけないのはやはり目のことですね。
1年間、眼科に行かずにというわけにはいきません。定期的に、最低でも3ヶ月に1度程度は検診を受けて目の状態を見るにこしたことはありません。
しかし、1年使えるからということで、それを使ってる間は忘れてしまうということもあるかもしれません。
ですので、1年使用のカラコンを装着するからには、ワンデータイプを時々着ける以上にケアする必要があるなと思うわけです。

 

さて、以前にも紹介しましたジーニーカラコンですが、こちらも変化し続ける、良い意味で書いているのですが、新しいワンデーを発売したりしながら、これぞ韓国カラコンの良いところというようなシリーズが発売されているのではないでしょうか。韓国カラコンに対する先入観を排除することは私には出来ませんが、お気に入りのアイテムがあると、それだけで落ち着くのは子供の頃から一緒だな。

Copyright (C) 2017 コスパ神な韓国カラコンでハデモテ顔 All Rights Reserved.