ジーニーカラコンの場合は変な拘りは捨てたい

ジーニーカラコンと惑う気持ち

コントロールできない視線とジーニーカラコンに思う自分を隠す気持ちについて。

柔和な気持ちでジーニーカラコンが落としどころ

とりあえず、関係を遮断したいと思うくらい、対人関係で凹むこともあります。
私の場合は、比較的多いのではないかと思うくらい、頻繁にそういう感情が噴出してくることがあります。
結論として、ジーニーカラコンに落ちついたのは、特に理由があるわけではありませんが、感覚の問題なのでしょう。

 

JillカラコンのシリーズによってDIAが異なります。
BCは共通8.6mmですね。
カラコンを選ぶ時に見るスペック。
例えばDIA(レンズ直径)やBC(ベースカーブ)など。
ちなみに、Jillのカラコンの場合、

ですね。
少しピュアドロップが小さいんです。
BC(ベースカーブ)はどれも8.6mmで一緒です。
いろんなカラコンを見てるけど、BCはだいたいこれくらいのが多いですね。
それよりも、DIAはとても重要なポイントですよね。
大きければ大きいほどいいというものでもないですし。
小さいほうがナチュラルな感じはしますね。
迷うところです。
この3種の中では、ピュアドロップが一番後に登場したことを考えると、案外大きすぎるのは合わせるのが難しいのかなって思ったりします。
まあ私の勝手な憶測ですけどね。
カラコンを気楽に買えるのですが、きちんとスペックを見てかわないと、思ったのと違うってなったりします。あくまで私の体験ですが。
Jillカラコンはふちありorふちなし?
フチありですが、だからといっても自然ですし、そこがJillの好きなところなんですけどね。
別にJillのだからってことではないんですが、このレンズ直径で印象は全然違いますね。
大きいのが似合う子もいるでしょうけど、私はたぶん似合わないので、ピュアドロップがあってるのかな。
カラコンに違和感のある子がいるけど、カラーとレンズの大きさがあってないのかも。余計なお世話かもしれませんが、何だか気になるんですね。

ジーニーカラコンについて議論する余地はない

なぜ何度も私のブログにジーニーカラコンが登場するかとうと、ジーニーカラコンが安いワケ!にも書いた通り、やはり安いからというのは大きな理由となります。
何か達成する手段としては、ジーニーはもってこいなのですが、それでも値段が安いからという理由は大きいです、正直なところ。

Copyright (C) 2017 コスパ神な韓国カラコンでハデモテ顔 All Rights Reserved.