ジーニーカラコンが安いワケ!

ジーニーカラコンの魅了は価格が安いだけじゃない

ジーニーカラコンといえば安いのだと590円とかから取り扱いがありますが、なぜそんなに安いのでしょうか。サンドイッチ製法ですし、同じようなのが2,000円とか3,000円とかでも売ってるのですが。品質的に問題があるのでしょうか。危険なのでしょうか。公式サイトにも書かれていますが、きちんと理由があるんですね。

ジーニーカラコンの安さの秘密はルートにあり

カラコンのデザインは、どこもある程度は似てるのがあります。
例えば韓国カラコンとかで、100を超えるようなラインアップがあるブランドだと、比べてみると分かりますが、何がどう違うのかよく分からないこともあります。
一つは製造がどこの工場か分からない場合は比較しようがないということもあります。
ですので、何の理由もなく、とんでもなく安いカラコンを見つけてもちょっと怖いと思うかもしれません。
ジーニーカラコンの場合は、安いのだと590円とかからあるんです。確かにそれで送料がかかるとはいえ、かなり安いほうだと思いますよ。さらに安いところもありますが、ここまでのはそうそうないでしょう。
その理由はというと、製造工場からユーザーまでにいきくつルートにあるようです。
よくあるのが、工場があって、メーカーがあって、ネットショップがあってユーザーに渡るとうものですね。
これはカラコンでなくてもよくある流通ルートですよね。
それがジーニーカラコンの場合は、工場とユーザーの間にジーニーしかいないということです。つまりメーカーも兼ねてるとうことですね。
この違いはとんでもなく大きいでしょう。間に入る会社が多ければ多いほど当然販売価格は高くなります。
それに有名モデルを使おうものなら、さらに値段が高くなることでしょう。
こういうこともあって魅力的な価格を実現できているのでしょう。

 

ではこういう工場で製造しているかというと、ISO基準で認められた工場だそうです。
正直工場の説明によくあるこういう基準とうのは私にはよく分かりません。
しかし、こういうことを書いてるのと書いていないのではかなり安心感が違います。

 

ジーニーカラコンは、安い理由がはっきりしているので、590円とか990円で販売されていても納得できるというのが私の印象です。

 

シリーズがあまりにも多いので、1年使用にはせず、使用期間が短いものをたくさん揃えるのもファッションの一つとして楽しいかも。
ジーニーカラコン桃玉は今のところ私の中ではかなり良い感じです。

Copyright (C) 2017 コスパ神な韓国カラコンでハデモテ顔 All Rights Reserved.